2021/12/23

RE EDO CATE ME!

ベルリンと東京をつなぐ共同シンポジウム「RE EDO CATE ME!」に、KYOTO EXPERIMENTのリサーチプロジェクト「Kansai Studies」のリサーチメンバーとして和田が参加します。和田はdot architectsの家成俊勝さんと『流木問答』と題した短いリーディングパフォーマンスのようなことを試みます。ゲーテ・インスティトゥート東京でのご鑑賞(要予約)のほか、オンラインでもご視聴が可能。日英独同時通訳付き。
江戸時代を参照しながら、これからのわたしたちがいかに暮らしを実践していくべきかを探るというコンセプトのシンポジウムで、レクチャーなども充実しています。ぜひご注目ください。

symposium on the art of transformation
RE EDO CATE ME!

登壇者・出演者
アズビー・ブラウン、ニコラス・ブスマン、ミヒャエラ・クリスト、EAT&ART TARO、フリッツ・フレンクラー、ウルリケ・ヘルマン、家成俊勝(dot architects)、小酒井大悟、SAMPO Inc.、マティアス・シュメルツァー、バスティアン・ライバー、田中優子、アンドレス・ファイエル、和田ながら他(アルファベット順)

日時|2021年1月8日(土)16:00~23:00(東京)/8:00~15:00(ベルリン)
言語|日独英同時通訳付き
料金|参加無料(ただし食事券付きは1.000円)、要予約、視聴無料
会場(東京)|ゲーテ·インスティトゥート東京
(107-0052 東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内)

090-4453-8964
TYO-Event@goethe.de

※当シンポジウムはオンサイト、オンライン同時に実施されます。

イベント詳細>> 


2021/12/10

ワークショップ参加者募集

鳥公園のアソシエイトアーティストとして、黒田夏子さんの小説「abさんご」についてのワークショップを1月に行います。現在参加者募集中、〆切は1月6日です。『abさんご』の文体に声と身体と耳でどんなふうに接近できるのか、いろいろ試してみるつもりです。ご興味がある方、ぜひご検討ください。ご不明な点がありましたらお問い合わせもお気軽に。

鳥公園ワークショップ2021〈黒田夏子『abさんご』の文体に取り組む〉
ファシリテーター:和田ながら

▶︎対象
俳優、パフォーマー、ダンサー、ミュージシャン、音響家
※ご自身の領域で3年以上の活動経験があること

▶︎活動内容
以下の2点にフォーカスして、議論・実験・検証を出来るかぎり繰り返す
・『abさんご』の言葉をどのように声に移すことができるのか
・『abさんご』の言葉をどのように聴くことができるのか
※ワークショップ初日までに、あらかじめ『abさんご』の中の文章を覚えてきてください。どの場所をどの分量覚えてくるかは参加者におまかせします。

▶︎募集人数
4名 ※応募者が定員を超過した場合は、選考を行います

▶︎会場
京都市内 ※参加が決定された方に詳細をご連絡します

▶使用テキスト
黒田夏子『abさんご』(文藝春秋/文春文庫)
※テキストは各自ご用意ください。単行本、文庫版、電子書籍版のいずれでもかまいません。

▶︎スケジュール
2022年1月19日(水)、20日(木)、24日(月)、26日(水)、27日(木)
各日18:00~21:00

応募・詳細

2021/12/09

和田ながら×やんツー『擬娩』のレビュー続々!

KYOTO EXPERIMENTで上演した『擬娩』の劇評をいろんな方に執筆いただきました。『擬娩』は初演の際も複数のレビューが出ました。言葉に恵まれている、幸福な作品だと感じています。本番をご覧いただいた方はもちろん、ご覧いただけなかった方にもぜひ読んでいただきたいです。

artscapeレビュー 2021年11月15日号[執筆:高嶋慈さん]
>> https://artscape.jp/report/review/10172429_1735.html

KYOTO EXPERIMENT 2021 AUTUMN レビュー[執筆:吉水佑奈さん]
>> https://kyoto-ex.jp/magazine/review-couvade/

批評プロジェクト 2021 AUTUMN ※メンターの森山直人さんのコメントあり
>> https://kyoto-ex.jp/news/2021a-criticismproject/

批評プロジェクト 2021 AUTUMN[執筆:今井俊介さん]
>> https://kyoto-ex.jp/magazine/2021a-criticismproject-imai/

批評プロジェクト 2021 AUTUMN[執筆:美女丸さん]
>> https://kyoto-ex.jp/magazine/2021a-criticismproject-bijomaru/

note|コロナ禍を生きる「私」はいかにして『擬娩』の「観客」になりえたか[執筆:番場寛さん]
>> https://note.com/hiroshi_bamba/n/n001ba7eb4a04

note|自分の中の他人の体、他人の中の自分の体 | 和田ながら×やんツー「擬娩」[執筆:よるのふねさん]
>> https://note.com/yorunofune_/n/n3d30cdec92b2

2021/11/10

「Nagano Organic Air」滞在レポートを執筆しました

Nagano Organic Airの短期滞在研修プログラム「生きることとアートの呼吸 〜Breathe New Life」に参加し、10月下旬に三泊四日の日程で長野県に滞在しました。滞在中のことについて執筆したレポートがnoteに掲載されています。濃密な旅をひとまず「DIY」と「街道」というふたつの言葉でまとめてみました。他の参加者の方のレポートと合わせてぜひご一読ください。

【上田】滞在レポート by 和田ながら _ 生きることとアートの呼吸〜Breathe New Life

2021/11/04

坂本光太(チューバ奏者)×和田ながら(演出家)「ごろつく息」

音楽についてはド素人なのですが、コンサートの演出を担当します。チューバ奏者の坂本光太さんとのコラボレーション。「いまいけプロジェクト」の池田萠さんに新曲もご提供いただきました。俳優として長洲仁美さん、音響として甲田徹さんに加わっていただき、クリエーションはすこぶる楽しく進んでいます。年末に東京で一日のみですが、ぜひご注目ください。

態度と呼応のためのプラクティス
坂本光太(チューバ奏者)× 和田ながら(演出家)
「ごろつく息」

出演|坂本光太(チューバ奏者)
演出|和田ながら(演出家)

プログラム
Vinko GLOBOKAR: ÉCHANGES (1973)
Charlie SDRAULIG: category (2013-14)
池田 萠:身体と管楽器奏者による疑似的なフーガ(2021)*委嘱初演
坂本光太/長洲仁美/和田ながら:新作(2021)
*プログラムは変更となる可能性があります。

日程|2021年12月29日(水)開演 19:00 (開場 18:30)

会場|トーキョーコンサーツ・ラボ
(〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18)

公演詳細・予約>> https://www.tokyo-concerts.co.jp/concerts/48610/

2021/09/12

「3CASTS vol.26」開催中止

 9月22日(火)に『埋蔵する』(出演:諸江翔大朗、演出:和田ながら)で出演を予定していました「3CASTS vol.26」ですが、京都府への緊急事態宣言延長をうけまして、開催を中止することになりました。楽しみに待っていてくださった方々にはたいへん申し訳ありませんが、ご理解をいただけますと幸いです。

2021/09/08

和田ながら×やんツー『擬娩』、クリエイション中!

2019年に上演した『擬娩』を再創作し、KYOTO EXPERIMENTで上演します。舞台美術にメディアアーティストのやんツーさんを迎え、公募を通じて10代の出演者にもチームに加わってもらいました。現在クリエイションの真っ最中!

KYOTO EXPERIMENT 2021 AUTUMN
和田ながら×やんツー『擬娩』

公演日程
10.16 (土) 13:00 / 17:00 ★
10.17 (日) 13:00 ♡ / 17:00
★ポスト・パフォーマンス・トーク
♡託児サービスあり (詳細・申込 >> https://kyoto-ex.jp/news/2021a_childcare/ )
※開場は開演の30分前

会場|京都芸術センター 講堂
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
https://www.kac.or.jp/access/

公演詳細>>
https://kyoto-ex.jp/shows/2021a_nagara-wada-yang02/